Tag: プロ品質

  • シンプルで簡単な名刺作成!素早くプロ品質に

    シンプルで簡単な名刺作成!素早くプロ品質に

    シンプルで簡単名刺作成ができるサービスをご紹介。テンプレートから選んでカスタマイズするだけで、プロ品質の名刺が短時間で完成。ビジネスシーンで印象に残る名刺を手軽に作成できます。

  • メタタイトル: プロの品質で名刺入稿|デザイン・注文ガイド

    名刺のサイズはだいたい91×55mmが一般的です1。印刷するときは、3mmの余白をあけるのが良いとされています1。そうすることで、デザインがちょん切れる心配を減らせます1。 名刺作りでは、CMYKカラーモードを使うことが大切です。RGBモードで作ると、印刷したときの色が想定と違うことがよくあります2。名刺は、あなたのビジネスの顔とも言えるから、デザインと入稿には気を使う必要があります。 その点で、株式会社メディアフェースが提供するサービスは、細部にこだわったプロの品質です。高い品質の印刷で、あなたのビジネスを際立たせます。東京都内のサービスは、速い対応と手ごろな価格が魅力です。 金箔押しなどの特殊加工もできます。さらに、両面印刷オプションもあります。即日作成も可能です。だから、忙しいあなたにもぴったりです。 主要なポイント 名刺には3mmの余白を設けることでデザインの切り取りリスクを軽減 印刷にはCMYKカラーモードの使用が推奨され、RGBモードでは色の変化が生じる可能性 株式会社メディアフェースによる名刺デザインサービスはプロ品質の印刷を提供 東京都内での迅速な対応とリーズナブルな価格 金箔押しや両面印刷などの特殊加工オプションも利用可能 即日作成も対応可能で、忙しいビジネスパーソンに最適 名刺入稿の基本とは 名刺の入稿には、精密さと注意が要ります。3適正なフォーマットを選び、キレイなデザインを用意することが大切です。Adobe Illustratorを活用すると、プロみたいな仕上がりが可能です。3ここでは、名刺入稿の大切さとフォーマットの選び方を説明します。 名刺入稿の重要性 名刺入稿はビジネスの第一印象を良くするために重要です。4Illustratorフォーマットは印刷業界でよく使われています。これにより、高品質な名刺が作れます。4 カラー設定は特に大事なチェックポイントです。4 デザインと品質のチェックにより、名刺の印刷成功率が高まります。 データ形式とその注意点 名刺の基本として、データ形式の選択がとても重要です。4よく使われるPDF形式は、印刷所でも受け入れられています。3入稿時、CMYKカラーモードでの提出が必要です。 フォントはアウトライン化することが必頤です。5これにより、印刷時の問題を避けられます。以下、名刺データのポイントです: 項目 詳細 解像度 350dpi以上(印刷用)3 カラーモード CMYKで指定3 フォント設定 フォントのアウトライン化が必要5 塗り足し 3mmの塗り足し作成5 トリムマーク トンボの作成が必要3 画像リンク処理 リンク画像は埋め込み処理が必要3 メディアフェースは、東京で高品質な名刺印刷を行っています。オシャレなテンプレートを使い、正確なデータで素敵な印刷品質を提供します。3名刺入稿についての疑問は、いつでもメディアフェースにご相談ください。 名刺デザインの基本ステップ 名刺をデザインする最初のステップは、デザインテンプレートの選び方と、どんな情報を入れるか決めることです。デザインテンプレートをうまく選ぶことがとても大事になります。 デザインテンプレートの選び方 名刺のサイズ「55mm×91mm」を考えて、テンプレートを選んでください6。たくさんの種類があります。例えば、ラクスルの標準サイズ名刺は良い選択です7。 次に、Canvaやパワーポイントなどのツールを使って、自分の好みのデザインを作ります。これが次の重要なステップです。 カスタマイズのポイント 名刺をカスタマイズする時、フォントサイズは重要です。個人情報は7pt以上、会社情報は9pt以上がおすすめです6。デザインを整えるために、余白や文字の配置にも気をつけましょう6。 色の選び方も大切です。基本は3色でバランスよく配色しましょう6。 名刺に必要な情報の選定 名刺には連絡先と会社のロゴが必要です。QRコードを加えれば、もっと便利になります6。 印刷に出す時は、名刺のサイズをちょっと大きめに設定しましょう8。文字情報は紙の端から5mm内側に置くと、見た目が良くなります8。 もし名刺デザインで困ったら、株式会社メディアフェースに相談してみてください。東京で高品質な印刷を提供しています。オシャレで、早く、費用もリーズナブルです。金箔押しや両面印刷などのオプションも選べます。即日作成もできます。信頼できるプロにお任せください。メディアフェースに、ぜひ連絡してください。 名刺のデータ入稿の流れ 名刺のデータを入稿する手順は大切です。はじめに、デザインテンプレートを選びましょう。そして、カッコいいデザインと必要な情報を入れます。 デザインがうまく配置されているかをチェックしてください。 デザインテンプレートを使った編集 名刺を作る時、Adobe Illustratorが必要です9。データはCMYKカラーで、300から600dpiの高解像度で作ります9。 テキストやラインのサイズは6ポイント以上にしてください9。…